つきいち新聞

The Tsuki-ichi Shimbun

第1号 スナック考現学

きょう、酒屋のバイト最終日を迎える。就活で3月から東京に滞在するため、これを機に辞めることになったのだ。

 

スーパーカブの荷台にビール瓶や霧島が入った袋を詰め、伝票を確認して配達先へ向かう。千鳥足で顔を赤らめた酔っぱらいの群衆をすり抜けて配達するのは、なかなかスリルがある。艶やかな衣装を纏ったキャバ女たちとエレベーターで乗り合わせることもあった。当初は目のやり場に困ったものだが、すっかり慣れてしまった。

 

配達先はというと、ほとんどがスナックだ。宮崎の繁華街「ニシタチ」には2000店が軒を連ねる。

 

配達先に到着すると、だいたい以下の流れを経る。

 

商品をお渡しする→代金をいただく→おつりをお渡しする→空き瓶を回収する

 

僕はわりと事務的に仕事をこなす。所詮はバイト、ただただお金のためだけに働いていた。

 

そんなある日、朝日新聞の記事から新たな視点を得た。

 

街のショーウィンドーの品物を歴史博物館の陳列品と同列に見るのである。 今和次郎   建築の研究者は、関東大震災で焦土と化した東京で、考古学ならぬ《考現学》の調査を始めた。バラックの建て方、洗濯物の干し方、労働者の野外での休み方、給仕の服装、台所の備品、駅の清掃法などをつぶさに調べ、図解した。民衆の暮らしがゼロからふたたびどのように立ち上がるのかを見ることで、生活に真に必要なものが何かを知るために。「モデルノロヂオ」から。(鷲田清一「折々のことば」(462)朝日新聞

 

商品の焼酎を抱えて店に入ると、演歌を伸びやかに歌うおんちゃん、手拍子をするママ。いつも当たり前に見ていたこの光景を考現学的視点から見てみると、〈いま〉この空間が、おそらく二度と地上に現れないことを知る。集う客、ママ、歌、そして私。この空間すべてが刹那的である。

 

演歌を歌う若者はほとんどない。30年後、スナック街はJ-POPで溢れかえるのだろうか。演歌自体、ホブズボウムのいう「創られた伝統」の一形態に過ぎないが、ここ20-30年で忘れ去られてしまうのは、どこか寂しい気がするのである。

 

 

--------------- 

関連本紹介

考現学入門 (ちくま文庫)

考現学入門 (ちくま文庫)

 

 

 

創られた伝統 (文化人類学叢書)

創られた伝統 (文化人類学叢書)

 

 

 

創られた「日本の心」神話?「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史? (光文社新書)

創られた「日本の心」神話?「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史? (光文社新書)