つきいち新聞

The Tsuki-ichi Shimbun

第6号 待つということ

第5号の話題から、おまけ記事書きます。

 

鷲田清一『待つということ』

この本が書かれた頃よりも、世の中のスピードはさらに速くなっているでしょう。以前は待てていたことも、今はもう待てません。待たずに切り捨てられた時間は溜まりに溜まって、現代社会のひずみとなって噴出しているのではないでしょうか。〈待つ〉ってどんな気持ちだったか、今一度思い出してみませんか?待つことの大切さも苦しみも鷲田先生は分かってくれています。

 

ひとむかし前の『待つということ』が、鮮やかに蘇る動画がこちら。

 


【CM 1988-92】JR東海 X'MAS EXPRESS 60秒×5

 

僕はこの時代を知らない。けれど、どこかこの時代が羨ましい気もする。

 

この頃といえばバブル絶頂期。時代の華々しさに惹かれているのだろうか・・・たぶん否。

 

おそらく、〈待つ〉ことのなかにある「感情の振れ幅の大きさ」に、憧れているのだとと思う。

 

相手は

来るのか来ないのか、

いつ来るのか、

いま相手はどんな気持ちなのか、

なんと言葉をかけようか、

 

いろんなことを想像し、さまざまに思いを巡らし、ドキドキする。不安になる。寂しくなる。一喜一憂している自分が情けなく思えてきたりする。

 

そんな感情の動きがあるから、感情の振れ幅が大きいから、日常は面白いのだと思う。

 

現代なら

 

「名古屋なう。18:52東京駅着予定」

「りょ。」

 

の、たった一往復のやり取りで終わってしまうのだから。

 

〈待つ〉が日常から消えて久しい。

 

 

「待つ」ということ (角川選書)

「待つ」ということ (角川選書)